妊娠

妊娠は初期症状をチェックを心掛けていれば安心です

男女の愛が満たされて女性は、排卵状態から男性の精子を受精します。
そうして胎内に、胎児を宿し発育してゆくのです。
この胎内で、受精卵が着床した状態を妊娠といいます。
一般的に愛と喜びをもって胎児が育ち成長し出産となるのです。

 

妊娠の有無は受精卵が着床時に成立し、受精しただけでは安心できません。
自然に流産することもあるので、確実に出産できるわけではないのです。

 

【妊娠とホルモン】
女性は妊娠をすると、胎児を保護するためにホルモンを分泌をします。
そのため、体内のホルモンのバランスが変化します。
妊娠検査薬は着床で分泌する、hCGホルモンが尿に溶け出ているかどうかで妊娠の有無を判定します。

 

妊娠の自覚症状

妊娠すると、生理予定日から1〜3週間を経過した頃より変化が現れます。
様々な体調の変化が起きて、自覚するようになるのです。
生理予定日を過ぎたのに、生理がこないという頃に起こる症状があります。

 

  • 頭痛
  • 疲労感
  • 眠気
  • 微熱

 

生活の中で、吐き気を催したり、微熱が続く場合は妊娠の可能性が大きいといえます。

 

妊娠検査薬の使用

妊娠の可能性があると思ったら、妊娠検査薬を使用します。
市販の妊娠検査薬で、hCGホルモンが尿に溶け出ているかどうかで、判定が可能になります。
一般的に、多くの女性は判定が可能になる日(生理予定日)の前に検査をして陽性反応が出ているようです。

 

妊娠を自覚したら、赤ちゃんの発育の為に無理なく体を動かし、食事は食べ過ぎない様に注意を払います。
しかし、普通はこの様な注意をするのは、判定結果で陽性を確認してからで良いといわれています。

 

検査薬以外のチェック

妊娠確認は、妊娠検査薬を用いて調べる他の方法もあります。
月経の停止や、基礎体温が2週間以上高く持続するなどで判断できるのです。
ですから、日頃からの基礎体温のチェックや、ノート書くなど小まめな記帳や管理が大事になります。

 

妊娠の初期症状をチェックを心掛けていれば安心です。
妊娠の期待から、些細な変化でも妊娠ととることがあります。
ですが、想像妊娠にならないように確実な判断をする必要があるのです。