妊娠の初期症状と生理前との見分け方

妊娠の初期症状と生理前との見分け方

「妊活」という言葉があるほど、妊娠に悩む方は多く、不妊治療に通う方もいます。
ストレス社会の現代では、男性が原因の場合も多いです。
それでもやはり、赤ちゃんを授かりたいですよね。

 

妊娠の初期症状と生理前との見分け方をご紹介します。
人によって全く症状が出ないこともありますので、判断の1つにして下さいね。

 

妊娠超初期とは?

妊娠検査薬で陽性と分かる前の、妊娠発覚前「妊娠超初期」症状といいます。
妊娠初期症状は、生理予定日から1週間前後で現れれますよね。
ちなみに、妊娠超初期は、妊娠3週目までのことです。

 

  • 眠気、倦怠感、熱っぽい
  • 吐き気、むかつき、においに敏感
  • 足の付け根に痛みがある
  • 胸が張る(痛み)
  • 便秘や下痢
  • 生理痛のような痛み
  • トイレが近い
  • 肌荒れ

 

これらが、代表的な妊娠超初期症状です。

 

妊娠と出血の関係

「着床出血」という出血をすることもあります。
それは、受精卵が子宮に着床時、子宮内壁の剥がれ落ちて少量出血することです。

 

トイレの回数が増えるのも、子宮の成長によって膀胱を圧迫するためですよ。
風邪や生理前の生理痛に似ていて、分かりにくいかもしれませんね。

 

しかし、微妙な違いもあります。
例えば、生理前の腰痛は、子宮の後ろ側で痛み、その部分以外に重みを感じますよね。
ところが、妊娠の場合は、重みより全体に痛みを感じる方が多いのです。

 

妊娠による症状の確認

性行為から、2週間程度で症状があらわれます。
ですから、性行為からどれくらい経過しているかを確認しましょう。
また、自分の生理周期や基礎体温を把握しておくと、どちらか分かりやすくなります。
生理予定日を過ぎても、体温が下がらないのも1つの目安です。

 

妊娠した方の多くは、不思議ですが「妊娠した」と感じるそうですよ。
赤ちゃんは、「天からの授かりもの」といわれますよね。
気にしすぎるのもストレスとなり、よくありません。
のんびりゆったりした気持ちで、赤ちゃんを待ちましょう。