妊娠超初期症状

妊娠検査薬でも分からない「妊娠超初期症状」ってなに?

なんとなく予感がして、妊娠検査薬を買いに行く女性は多いでしょう。
このような場合、ほとんど「妊娠超初期症状」が現れている可能性があります。

 

「妊娠超初期症状」とは、妊娠検査薬でも判別できない女性の体の変化のことです。
実は、妊娠検査薬が有効に使えるようになるには、時期を知っておかなくてはなりません。

 

それは生理がいつもより遅れていると感じ始めて、一週間ほどしてからです。
いわゆる「陽性反応」はしていないから、病院に行くのはためらう人もいるでしょう。

 

そんな人は、少し出血に注意してみて下さい。
妊娠超初期症状の一つに、「着床出血」というものがあります。

 

着床出血の症状とは?

「着床出血」とは、受精に成功した卵子が、子宮内で無事に母体にたどりついた合図です。
しかし、妊娠した人の全員がこの着床出血を起こすわけではありません。
あくまでも、そういう場合もあるということです。

 

もしかすると、初めての出産では「着床出血」しないかもしれません。
一方で、二人目以降で妊娠超初期症状が出ることも珍しくないのです。

 

では、この「着床出血」はどのように気づくことができるのでしょうか?

 

それは、「あれ、まだ生理じゃないんだ…。」と首をかしげた時期から数えます。
それから、一週間くらいすると判断できるようになるのです。

 

着床出血とおりもの

ほんの少しの出血はしているものの、生理ではありません。
いわゆる「おりもの」がひどいようなものです。
このような体の変化について知っておくだけで、精神的にも大きく違ってきます。
いらぬ不安を感じなくて良くなりますよ。

 

いつもより色の濃い「おりもの」が続いたら産婦人科で検査してもらいましょう。
検査薬では、正確には分からないことがすくなくありません。

 

 

とにかく、「もしかしたら?」と思う時には積極的に受診してみて下さい。
不安やストレスを感じては、妊娠していた時に胎児にもよくありませんよ。